債務整理とは? ~自己破産、個人再生、任意整理、特定調停を解説します~

債務整理とは何か

債務整理とは、文字通り「債務を整理する」ということです。

債務とは行為や給付をする義務のこと

債務とは、特定の相手に対して何らかの行為や給付をしなくてはならない法的な義務のことです。この義務を負う人を債務者といいます。反対に特定の相手に対して、行為や給付をするよう請求する権利は債権です。この権利を持つ人を債権者といいます。

債務や債権においてやり取りされるものは金銭のみではなく、例えば債権においては、雇用契約によって労働を求める請求権や、委任契約によって事務処理を求める請求権も含まれてきます。とはいえ最も多い民事紛争としては、やはり金銭の絡んだものになることが多いのが現状です。

債務整理とは金銭の債務を整理すること

つまり債務整理とは、そうした金銭の債務、すなわち借金を法的に見直し整理することで無理のない生活を送れるようにすることです。債務整理の方法にはいくつかの種類があり、債務者の状況や考え方によって選ぶべき方法は違ってきます。それぞれについてよく理解し、どの方法が最適なのかを検討していきましょう。

債務整理の方法

債務整理の方法には以下の通り、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停という方法があります。

自己破産は全ての債務が免除される

ひとつ目の方法として挙げるのが自己破産です。自己破産とは裁判所で破産の決定を受けることで、自分の財産を全て失う代わりに、全ての債務が免除される制度です。債務者の申し立てによって、裁判所で債務整理の手続きを行います。

個人再生は多重債務者の再生を図る

個人再生も裁判所を介して行う債務整理で、多重債務などの問題に悩まされている人の再生を図るものです。小規模個人再生と給与所得者再生の2種類がありますが、どちらも、持ち家はそのままで債務を整理することができるという特徴があります。

任意整理は裁判所を通さず行う

任意整理は自己破産や個人再生と違い、裁判所を通さずに行う債務整理です。弁護士や司法書士に金融機関と交渉してもらうことで、債務の減額や分割での支払いを要求し、完済を目指していきます。

特定調停は第三者を置いて債務者と交渉

特定調停も裁判所を通して行う債務整理となっています。裁判所で第三者を間に置き、債権者と交渉するという債務整理です。弁護士や司法書士がおらずとも行うことができますが、十分な準備期間や知識が必要になってきます。

これらの債務整理の方法のうちどれを選ぶべきかは収入の状況や現在の債務によっても変わってきます。迷う場合は弁護士や司法書士など、プロに相談するとよいでしょう。

債務整理について

任意整理について

任意整理のメリット・デメリット

任意整理を選択するための条件

民事再生とは

民事再生のメリット・デメリット

民事再生と個人再生の違い

自己破産とは

自己破産のメリット・デメリット

自己破産したあとの生活

過払い金とは

過払い金が発生する仕組み

過払い金を請求した場合のデメリット

過払い金はどのようにして請求できるのか

過払い金はいつまで請求できるのか

▲ページTOPへ