任意整理とは? ~専門家に任せて借金返済へ~

任意整理とは借金返済をしやすくするための手続き

任意整理とは、借金を負った債権者が専門家を雇い、返済額の減額や支払期限の延長などを行うことです。

任意整理の流れ

任意整理は、専門家への相談、受任通知の送付、債権調査、再計算、交渉、契約、返済という順序で行っていきます。

専門家への相談

まずは弁護士や司法書士といった専門家に相談をするところから始まります。その際、弁護士は全ての処理を行うことができますが、司法書士に相談する場合は整理の金額や法律行為を行う際に制限があります。その分、司法書士は弁護士と比べると費用が安めというメリットもあります。専門家に相談へ行く際には、借入先の住所、連絡先、現在の債務額、取引開始年月日など、債権者の情報がわかるように一覧表にまとめていくとよいでしょう。

受任通知の送付

相談の結果、任意整理できるかどうかが決定し、正式に債務整理を受任すると専門家は受任通知というものを各金融業者に送付します。これにより債権者は借金の取り立てや引き落としを続けることができません。

債権調査

専門家は受任通知の送付と同時に、債務者が最初にお金を借りた時から現在に至るまでの支払い明細を1社残らず全ての債権者へ請求します。全て揃わないと負荷総額が判明しないために請求を行うのです。中には開示しない業者もあり、そういった場合には依頼者のヒアリングや資料との突き合わせを行いながら再度、金融機関へと開示請求を行います。

再計算

専門家は開示請求した明細を元にして、利息制限法の上限金利と照らし合わせて債務額について計算を行います。本来支払うべき正しい債務額を割り出すのとともに、過去に払い過ぎている利息があった場合には返済に充てて債務額を減らすことが可能です。

交渉

再計算が終了すると、正式な負債の総額が判明します。この時点で、今後返済していけそうな額の借金だった場合、任意整理は継続です。継続する場合、月々の分割金額や支払い期間、利息カットなどの条件について各業者と専門家が交渉を行います。この交渉が上手い専門家が任意整理に強い専門家といえるでしょう。返済が難しそうな場合は、自己破産など別の方法を探っていくことになります。

契約

無事に交渉が成立すれば、専門家が和解契約書を作成します。もしも過払い金が発生しているにもかかわらず業者が支払いに応じない場合は、この時点で訴訟を起こすこともあります。

返済

和解契約書を交わしたら、そこに記載してある開始日から返済が始まっていきます。和解内容に基づいて、任意整理を行う以前よりも無理のないスケジュールで月々の借金返済をしていきましょう。

任意整理をする条件

任意整理は借金の額を減らすことが目的であるため、3~5年間は分割して返済ができる安定した定期収入が必要です。その収入はアルバイトや年金によるものでも問題ありませんが、安定した収入がなければ任意整理を行うことは難しいでしょう。また、任意整理を依頼するにあたっての費用も必要となります。場合によっては任意整理費用の分割を受け付けているところもあるので、どうしても厳しい場合は利用するとよいでしょう。

▲ページTOPへ