債務整理の保証人への影響とは~自己破産、個人再生が保証人に与える大きな負担~

債務整理をすると保証人に債務の請求が行われる

債務者が保証人をつけている借金を債務整理した場合、支払いを免除された借金は保証人に請求されます。保証人には連帯保証人と保証人の2種類がありますが、ここでは保証人について説明します。

保証人は民法で「保証人は、主たる債務者がその債務を履行しないときに、その履行をする責任を負う」、「保証債務は、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たるすべてのものを包含する」と定められています。そのため債務者が債務整理を行い債務の支払いを免除された場合、保証人は保証した範囲において免除された利息や違約金などを支払う義務があります。保証人がついている借金を債務整理する際は、負担をかけないように事前に保証人に相談しましょう。

自己破産や個人再生は保証人への負担が大きい

債務整理の中でも、自己破産や個人再生は保証人への負担が大きい方法です。自己破産を行うと債務者は債務の返済義務がなくなり、債権者からの取り立てもなくなります。そのかわり保証人は保証した債務を支払わなければなりません。このときに保証人は一括で債務を支払わなければならないこともあり、債務者以上の負担が保証人に降りかかることになります。

また個人再生を行った際にも保証人に債務の請求が行われますが、個人再生は自己破産と異なり債務者にも支払い義務が残っています。そのため債務者の返済した金額と、保証人の返済した金額を合算して債務の全額に満ちた時点で完済となります。ただし個人再生では、債務がある一定の金額を超える場合、債務者よりも保証人に請求される金額の方が大きくなるため注意が必要です。

任意整理や特定調停は保証人に迷惑をかけずにできる

任意整理や特定調停なら保証人がついている債務を対象にしないことが可能です。任意整理や特定調停にて対象外にされた債務は、利息や期限などが通常の債務と同じように扱われます。そのため滞納がなければ保証人には債務が請求されないため、保証人に迷惑がかかりません。

保証人つきの借金を債務整理した際に、保証人も債務を返済できないことも起こり得ます。その場合保証人も債務整理を行う必要があります。迷ったら保証人のことを含めて専門家に相談することが大切です。

▲ページTOPへ