債務整理をした後に賃貸借契約は行えるのか~家賃保証会社について~

債務整理しても賃貸契約は行える

債務整理をしたことがあっても、基本的に不動産の賃貸借契約に影響はありません。なぜなら不動産会社は信用情報を参照できないので、ローンや事故情報の状態が確認できないためです。契約事項に違反しない限りは契約の更新も問題ないでしょう。

信販系の家賃保証会社は注意

賃貸物件の中には、保証人の代わりに家賃を保証する家賃保証会社との契約が必須のものがあります。その中で、クレジットカードを扱っている信販系の家賃保証会社は注意が必要です。

家賃保証会社とは賃貸を借りる際に保証人の代行を行う会社で、物件を借りた人が家賃を滞納しても家賃保証会社が家賃を支払います。その中で信販系の家賃保証会社は、契約する条件として新規クレジットカードの発行を求める場合があります。クレジットカードの審査は信用情報を元に行われるため、債務整理を行った人は契約が難しいでしょう。

債務整理とクレジットカードの関係については以下を参考にしてください。
>債務整理中でもクレジットカードは作れるんですか?

保証人がいても家賃保証会社との契約が必要なこともある

中には保証人がいても家賃保証会社と契約する必要がある物件もあります。家賃保証会社は信販系以外の会社もあるので、賃貸物件を探す際には家賃保証会社についてもよく確認しましょう。

▲ページTOPへ