(さ)催告書

催告書とは

催告書とは、主に借金の返済を滞納している場合に債権者から送られてくる書面のことです。債務者に対して支払いを迫る通知書になります。

一般的に催告書の前には督促状が送られてくる

催告書が送られてくるのは、一般的に督促状が送られてきた後になります。督促状が届いてもそのまま支払いを行わずにいる場合に催告書が送られてくるのです。督促状は催告書と同じように支払いの催促をする書面ですが、催告書を送る前の警告といった意味合いで送られることが多いです。

催告書と督促状の文面は段階を踏んで厳しい内容になる

催告書と督促状の文面は、段階を踏んで厳しい内容になります。返済が滞った初期段階の督促状に関しては、それほど厳しい文面が記されているわけではありません。債務者が単に支払いを忘れたといったケースも考えられるためです。繰り返し督促状が届いても支払いがない場合、督促状から催告書に切り替わります。催告書の内容にも段階がありますが、最終的には債権回収のために法的手段をとるという旨の、強い警告が記載されるようになります。

債権者によって、催告書や督促状の扱いには例外があります。例えば国民年金未納の場合、催告書のほうが先に届き、より強い警告として督促状が届きます。また、支払いを迫る通知書の呼び方は債権業者によって異なることがあるので、注意が必要です。

催告書は厳しい通知と考えるべき

催告書は非常に厳しい通知と理解すべきです。この催告書に記されている支払期限を超えてしまうと、資産の差押えといった法的手続きが行われてもおかしくない状況になります。催告書が届いたらできる限り早く支払いを行うことをおすすめします。

支払いがどうしても厳しい場合は相談することが大事

催告書が届いても支払いが難しい場合には、一度債権者に相談することで事態が改善される場合があります。例えば、国民年金であれば年金事務所へ相談するのも一つの方法です。また、市民税や区民税の滞納であれば、管轄の役所に相談してみましょう。それでも支払いが困難な場合には、法律の専門家に相談してみるのもよいでしょう。

▲ページTOPへ