(ざ)残債務

残債務とは

残債務とは、まだ返済が済んでいない債務のことです。「残債」と呼ばれることもあります。残債務は、主に住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの債務の残りを指して使われます。

返済しきれない借金を指す場合が多い

残債務は、任意売却や競売といった不動産を売却する手続きを行っても返済しきれなかったローン債務を指す場合があります。任意売却や競売を行ってもローンの支払いが残ってしまう場合、その残りのローンは担保のない債権として扱われます。このような債権は、担保がないために債権を回収することが難しく、「不良債権」と呼ばれます。不良債権は、多くの場合、サービサー(債権回収会社)という債権回収の専門業者に売却されます。その際、残債務の支払いは、主にサービサーに対して行うことになります。

サービサーは法務省に認可を受けた債権回収業者

サービサーとは、法務省の認可を受けた、債権の回収を行うことができる民間業者です。平成11年施行された「債権管理回収業に関する特別措置法」によって、それまで弁護士のみに許可されていた債権回収業務を、認可を受けた一部の民間業者が行えるようになりました。サービサーとして認可されるためには、資本金額が5億円以上であること、1人以上の弁護士が取締役に就任していることなどの条件があります。サービサーが扱えるのは、「特定金銭債権」といわれる、銀行や貸金業者、保険会社などが有する債権に限られています。

残債務の分割返済ができるケースがある

任意売却後の残債務は、その債権を持つサービサーによっては、分割返済の交渉ができるケースがあります。一般的に任意売却後の残債務は回収することが困難な不良債権です。そのため、サービサーによっては、分割返済を認めることで確実に債権回収ができるようになると見込む場合もあるのです。残債務の分割返済に関する交渉は専門的な知識が必要となるので、弁護士に相談するのがおすすめです。

▲ページTOPへ