(れ)連帯保証人

連帯保証人とは

連帯保証人とは、債務者が借金や家賃などの支払いができなくなった際に、代わりに支払い義務を負う人のことです。連帯保証人は、本来支払いをするべき債務者と同様の義務を負うことになります。

連帯保証人になれる人

主に連帯保証人になれるのは、万が一債務者が返済不能におちいった際にも、代わりに支払いができる人です。そのため、連帯保証人になる人には相応の収入や財産があることが求められます。重い責任がかかってくるので、連帯保証人には一般的に親族が選ばれます。

連帯保証人と保証人の違い

連帯保証人と保証人では責任の大きさが異なります。連帯保証人の場合、債権者から支払い請求をされた場合、債務者と同様に支払いをしなければなりません。たとえ債務者に財産があっても、債権者からの請求を断ることができないのです。一方、保証人の場合は債権者から請求を受けた時、まずは債務者に請求するように主張できます。また、債務者に財産がある場合には、債務者の財産から債権を回収するように主張することができるのです。

▲ページTOPへ