(り)リースバック

リースバックとは

リースバックとは、所有している不動産を第三者に売却し、その第三者から賃貸で借り受けることをいいます。債務者がリースバックを利用することによって、元の家に住み続けながら、家の売却代金で借金を返済することが可能となるのです。

リースバックの流れ

リースバックの流れは、住宅ローンの残債や不動産の評価額、賃貸契約後の債務者の支払い能力などによっても異なりますが、以下の流れで行われるのが一般的です。

  1. 不動産の売却を行う
    住宅ローンの残債、賃貸契約後の支払い能力などを考慮した上で、債務者が所有している不動産の売却手続きを行います。
  2. 債権者に残債の支払いを行う
    不動産の購入者から支払われた売却代金で、債権者への返済を行います。
  3. 不動産の購入者と賃貸契約を結ぶ
    不動産の売却が完了し、債権者への返済を開始したら、不動産の購入者と賃貸契約を結びます。賃貸契約を結んだ後は、売却した不動産に今まで通り住み続けることが可能です。
  4. 購入者に賃料の支払いを行う
    不動産の購入者に対して賃料の支払いを行います。

リースバックのメリット

リースバックのメリットは、売却した不動産にそのまま賃貸住宅として住み続けることができるので、引っ越しや立ち退きの必要がないということです。また、物件管理の手間や費用も必要がなくなります。固定資産税の支払いや物件のメンテナンスは、不動産の新たな所有者が行います。さらに、将来的に買戻しが可能になるケースもあります。

リースバックの条件

リースバックをする際にはいくつかの条件があります。まず、不動産の買主が、リースバック契約を承諾しなくてはいけません。また、売り主である債務者に定収入が必要です。定収入がなければ、リースバックができても、その後の家賃の支払いができないことが考えられるからです。そのほかにも、債権者から売却価格について合意が得られること、競売の取り下げ期限までに手続きが終えられることなどが挙げられます。

▲ページTOPへ