(て)抵当権

抵当権とは

抵当権とは、債権者が貸したお金が返済されなかった場合に、債務者が担保にしていた財産を優先的に受け取ることができる権利のことです。債権者は抵当権を所有していれば、債務者の返済が滞ったりした場合でも、担保となった債務者の財産を売却することで、債権を回収することができるのです。

抵当権の設定対象

抵当権の特徴は、債権者が担保の差し押さえを行う際、裁判の手間がかからないということです。通常、差押えを行う際は、裁判所の判決書や公正証書などの公的文書が必要になります。しかし、抵当権を持つ債権者であれば、債務者が支払い滞納や支払い不能を起こした場合、裁判を起こしたり判決を待ったりする必要なく、差押えを行うことができるのです。 差押えについて詳しくは「(さ)差押え」をご覧ください。

また、抵当権を持っている債権者は、抵当権の対象となった債務者の財産を優先的に回収することができるのも特徴です。例えば、債務者が複数の債権者にお金を借りて支払ができなくなった場合、債務者の持っている住宅は差押さえられ、差押えられた住宅は売却されます。売却されて得られたお金は、すべての債権者に平等に分配されるのが原則です。しかし、その中に売却された住宅に対して抵当権を持っている債権者がいれば、その債権者は優先的に財産の売却代金を受け取ることができます。

抵当権を設定する際は抵当権設定登記をすべき

抵当権を設定するには、債権者と債務者双方の意思表示だけでも可能です。しかし、裁判所の判決を得ずに差し押さえをしたり、第三者に対抗したりする場合には、抵当権設定登記が必要になります。抵当権設定登記を行っていない場合、抵当権を設定した不動産が第三者に売却されても、抵当権を持っているものとして主張することができなくなってしまうのです。また、抵当権は同じ不動産に対して複数設定することができます。

▲ページTOPへ