(そ)総量規制

総量規制とは

総量規制とは、個人による借り入れの総額が、原則、年収の3分の1までに制限されることを指します。総量規制は、債務者の過剰な借り入れを防ぐために定められた規制です。例えば、年収300万円の人が借金をする場合、貸金業者から100万円までしか借りることができません。また、複数の貸金業者から借り入れがある場合は、全ての貸金業者からの借り入れの合計が、年収の3分の1以内である必要があります。

総量規制の対象となる借り入れ

総量規制の対象となるのは、個人が貸金業者からお金を借りる場合のみです。貸金業者には、消費者金融や信販会社、クレジット会社などがあります。

総量規制の対象外となる借り入れ

総量規制には、対象外となる借り入れがあります。不動産購入のための住宅ローン、自動車購入時の自動車ローンなどは、総量規制の対象外です。また、個人事業に対する借り入れや、緊急に必要と認められる医療費を支払うための借り入れなども対象外になります。

▲ページTOPへ