住宅ローン滞納をしないためには

住宅ローン滞納をしないためには

住宅ローン滞納をしないためには、給料の認識を変える、家計簿を付ける、自動振込サービスを利用することなどがおすすめです。また、どうしても住宅ローンを滞納しそうになった時には、金融機関に返済プランの変更を相談しましょう。

ローン支払い分を差し引いた額が給料だという認識を持つ

住宅ローンを滞納しないためには、毎月のローン支払い分を差し引いた金額が自分の給料であるという認識を持つとよいでしょう。住宅ローンを組んだ場合、給料として毎月振り込まれる金額から、一定の金額をローンの支払いに充てなければなりません。毎月振り込まれる給料はすべて自分のものであるという認識でいれば、ローンの支払いを後回しにしてしまう可能性があります。

家計簿を付ける

住宅ローン滞納をしないためには、家計簿を付けることも効果的です。家計簿を付けると、何にどれだけの金額を使ったかがはっきり分かります。家計簿と実際の生活を照らし合わせることで、浪費している部分も見えてきます。浪費を見直せば、家計に余裕が出て、結果的に住宅ローンの滞納の防止につながるでしょう。

自動振込サービスを使う

住宅ローンの支払いに、金融機関の自動振込サービスを利用することも、滞納防止に有効です。自動振込のサービスを利用すれば、毎月決まった日に、指定した金額がローンの支払先に自動的に振り込まれます。そのため、振り込み忘れを防ぐことができるのです。自動振込元の口座を、給料が入金される口座と同じにしておけば、口座の残高がなくなってローンを滞納してしまうことも防げます。

どうしても滞納しそうになった場合には金融機関に相談

毎月の返済が家計を圧迫し、どうしても住宅ローンを滞納してしまいそうになったら、早めに返済プランの見直しや変更などを金融機関に相談しましょう。「利息だけでも支払う」というように、支払いの意思を示すことによって、交渉に応じてくれるケースもあります。 場合によっては、返済期間の延長や元金返済ができることもあるのです。しかし、住宅ローンの滞納があってからでは、こうした可能性は少なくなります。さらに、残金の一括返済を求められるケースもあるので、住宅ローンを滞納しそうになったら、早めに相談することが重要です。

> 住宅ローンを組む前に知っておくこと
> 住宅ローンを滞納する危険がある人とは
> 住宅ローンを滞納しないように心がけるべきこと

▲ページTOPへ