住宅ローンとは

住宅ローンとは

住宅ローンとは、住宅を新たに建てたり改築したりする際に必要な資金を得るためのローンのことです。住宅ローンは大きく分けると、「公的融資」と「民間融資」、そして公的機関と民間機関の提携によって行われる「協調融資」の3つの種類があります。多くの金額を借り入れ、長期にわたって返済を続ける住宅ローンは、わずかな金利の差であっても、結果的には総返済額に大きな差が出ます。安心して住宅ローンを組むためにも、情報収集を行い、正しい知識を身に付けておきましょう。

公的融資

公的融資は、公的機関が行っている住宅ローンです。公的融資には大きく分けて2種類あり、住宅金融支援機構や地方自治体による「財形住宅融資」と、地方自治体による「自治体融資」です。財形住宅融資は、勤務先で財形貯蓄をしている会社員が利用できる制度で、利用には財形貯蓄を1年以上継続していること、貯蓄残高が50万円以上あることなどの条件があります。自治体融資は、地方自治体によるもので、各自治体により内容は様々です。また、自治体によっては住宅ローンを取り扱っていないところもあります。

民間融資

主民間融資は、民間の金融機関が提供する住宅ローンです。主に銀行、信用金庫、労働金庫、生命保険会社などで申し込むことができます。金利を含め、各金融機関によって様々な種類のローンが用意されているのが特徴で、自分のライフスプランに合わせて選ぶことができます。

協調融資

協調融資は、住宅金融支援機構と民間機関の提携によって提供される住宅ローンです。代表的なものに「フラット35」があります。フラット35は、ローン借入時に決められた金利が、長期間に渡って変わらないことが特徴です。様々な民間機関で申し込むことができますが、取り扱う金融機関によって金利が異なるので、十分に比較・検討して選びましょう。

住宅ローンを選ぶ際の注意点

住宅ローンを選ぶ際には、自分と家族のライフプランを考え、それに見合った返済計画を立てることが大切です。返済期間を長くすると月々の負担が減らせますが、長期間に渡って返済し続けなければいけません。退職したのにローンが残っている、という状況になることも考えられます。だからといって返済期間を短くすると、月々の負担が大きくなってしまいます。出産や子供の進学などで、ひと月の支出が増えることも考慮して、生活に不自由をきたさない返済額にする必要があるのです。

> 住宅ローンの金利について
> 住宅ローンの控除制度とは
> 住宅ローンの保証料とは

▲ページTOPへ