住宅ローンの保証料とは

住宅ローンの保証料とは

保証料とは、住宅ローンを利用する際に支払う費用の1つです。通常、住宅ローンを契約する際は、債務者がローンの支払いを滞納したり返済できなくなったりした場合に備えて保証会社を利用しますが、その際に必要になるのが保証料です。住宅ローン保証料の金額は、金融機関や借入金額、返済期間によって様々です。

住宅ローンの保証料を支払う目的

住宅ローンの保証料を支払う目的は、債務者が住宅ローンを返済できなくなった場合に、保証を専門とする保証会社に肩代わりしてもらうためです。住宅ローンを利用する場合、返済額が高額で返済期間が長期にわたるという理由から、個人が連帯保証人になるケースはほとんどありません。そこで保証会社が連帯保証人の役割を担うのです。ただし、保証会社が代わりに支払ってくれたからといって、その分の支払いがなくなるわけではありません。保証会社が代わりに支払った分は、ローンを組んだ金融機関からではなく、保証会社から請求されます。

住宅ローンの保証料は借入金額と返済期間によって異なる

保証料は、借入金額、返済期間によって異なります。例えば、借入が1,000万円であった場合、返済期間が25年であれば保証料が17万円、30年であれば19万円、35年であれば20万円というように、返済期間が長くなるほど保証料は高くなります。また、返済期間が35年という条件が同じでも、1,000万円の借入の場合は20万円の保証料、2,000万円の場合は40万円、3,000万円の場合は60万円といったように、借入金額が多くなるほど保証料は高くなります。実際の保証料は金融機関により異なりますが、済期間が長くなるほど、また、借入金額が多くなるほど、保証料も高くなるのが一般的です。

保証料の支払い方法は一括か分割

保証料の支払い方法には、一括払いと分割払いがあります。一括払いの場合は、住宅ローンの契約時に全額を支払います。 分割払いの場合は、住宅ローンの金利に保証料の分を上乗せして支払います。この場合、上乗せされる利率は0.2~0.3%となるのが一般的です。保証料の総額で考えた場合、分割で支払うよりも一括で支払った方が安くなることがほとんどです。

▲ページTOPへ