住宅ローンの金利について

住宅ローンの金利について

住宅ローンの金利には、大きく分けて3つのタイプがあります。全期間固定金利型、固定金利期間選択型、変動金利型です。

全期間固定金利型

全期間固定金利型は、借り入れから完済までの全期間の金利が固定されているタイプです。このタイプのメリットは、金利が終始一定であるため、借り入れ時に返済すべき金額が確定するという点です。総額いくら返済すればよいかがはじめにわかるため、ローンを完済するまでの返済計画と生活プランが立てやすくなります。また、金利が低い時期に借入れを開始した場合は、その後市場の金利が高くなったとしても、低金利のメリットを受けることが可能です。

変動金利型

変動金利型は、市場金利の変動にともなって、返済期間の途中であっても金利が定期的に変動するタイプです。変動金利型には、借り入れ後に市場金利が低下するとそれに合わせてローンの金利も低下し、結果的に返済額も減ることになるというメリットがあります。原則、半年に1度金利の見直しが行われ、5年ごとに返済額の改定が行われますが、金融機関によっては金利見直しの度に返済額の見直しを行う場合もあります。また、他の2タイプに比べて金利が低い傾向にあるというのもメリットです。 ただし、金利が上がった場合は返済額も増えるので、注意が必要です。

固定金利期間選択型

固定金利期間選択型は、契約時に定めた一定期間、金利が固定され、その期間終了後、引き続き固定金利期間選択型にするか変動金利型にするかを選ぶことができるタイプです。最初の金利固定期間の長さは、ローン契約時に決めることができ、設定できる期間は金融機関によって異なります。固定金利期間終了後は、その時点の金利でもう一度返済額が見直されます。そのため、固定金利期間終了時の市場の金利が低ければ総返済額を減らすことができますが、反対に大幅に金利が上昇した場合は返済額も増えてしまうという特徴があります。

このように住宅ローンは金利によってタイプが分かれます。自分のライフプランと照らし合わせて、最適なものを選びましょう。

▲ページTOPへ