任意売却専門 どこよりも好条件で任意売却に取り組んでおります

もし住宅ローンを滞納するとどうなりますか?

住宅ローンの支払いを滞納してしまえば、その期間と後の措置にもよりますがどうしても今後の支払が不可能と判断された場合は任意売却、若しくは競売で住宅物件を手放すことになります。

一戸建て住宅、或いは分譲マンションの購入の際に多くの人が利用する金融機関からの融資ですが、この場合は支払い予想状況など念入りに調査の上で融資可能となります。その時点では問題がなくとも何らかの事情で支払いが出来ない状況になるといきなり売却するのではなく、もし可能であれば住宅ローンの支払い方法の変更(リスケジュールという返済期間の延長や元金支払の一時停止をして金利だけを支払に回し、月々の支払額を減らす効果を期待できますが、完済までの期間が延びてしまうので住宅ローンの総支払額は増えてしまいます。また親族などからの資金協力が期待できるかを確認し、今までの滞納額を返済してもらいます。

また個人版民事再生の住宅資金特別条項について司法書士や弁護士に相談して手続きを行うと自己破産とは異なり、マイホームを守ることが可能となる場合があります。

また賃貸に出して住宅ローンの支払を続ける、或いは買い手を見つけて住宅ローンを完済するなどの措置を取ることができればいいのですが、色んな方法が全て出来なくて住宅ローンの滞納が続いてしまうと任意売却や競売という不動産の売却手続きへと発展してしまいます。

この場合は銀行など金融機関では一般的に3ヶ月から6ヶ月の期間において住宅ローンの滞納が続くと競売による手続きで強制的に資金を回収すべく家を失ってしまう方法が取れてれしまうことになり、家を失うばかりか肝心の住宅ローンについては残債務が極端に多くなる傾向があり、これを回避する得策として親子間売買・親族間売買というのがあり、親・息子・娘、或いは兄弟・姉妹、親族、場合によっては友人にご自宅を購入してもらい任意売却によって家を守る方法がありますが、これが出来ない場合は他人に任意売却するか競売による売却となり、家を守る事は出来なくなってしまいます。

▲ページTOPへ