任意売却専門 どこよりも好条件で任意売却に取り組んでおります

競売になると近所の人に知られてしまうの?

一概に競売になったからといってご近所の人に知られてしまうリスクな少ないと考えて下さい。なぜなら、すべての人が裁判所にアクセスして競売情報を入手するとは限らないからです。日中お仕事をされている方や主婦で子育てをされている人は忙しくてそれどころではないですし、競売で家を買う人は殆どいないと言っていいでしょう。

ではどういった人が競売情報を入手するかと言うと主に投資家やマンションや戸建ての買取を主にしている不動産買取会社です。普通の人は衣食住の住である家を転売目的で購入するのではなく、生活の基盤として家を購入されます。ですので、投資家や不動産買取会社の方以外はほとんど競売情報を見ていませんので、あまり心配にならなくても良いと思います。

任意売却をした場合は近所の人に住宅ローンが払えなくなったことを知られてしまうの? 競売よりも知られてしまう可能性が極端に低いです。理由は競売みたいに情報が公開されないからです。

物件のご案内で、不動産会社の多くは、お客様の売却理由を聞いてきますが無視して下さい。お客様の売却理由を掴めばそれなりに情報が得られるので、営業の成績を上げやすくなる傾向があります。お客様の個人情報が入手できるのは利害関係人だけです。利害関係人とは、本人(代理人も含め)と住宅ローンの債権者だけです。それ以外の方は無権利者ですので、読んで字のごとく情報を知る権利が無いのです。

▲ページTOPへ