任意売却専門 どこよりも好条件で任意売却に取り組んでおります

任意売却をした場合、住宅ローンは組めなくなりますか?

任意売却で不動産を手放さざるを得なかったものの、残債務を抱えた状態は非常に厳しいものです。新たに住宅ローンを組みたい心境はお察しします。

しかし残念ながら返済のためのローンは組むことができないのが現状です。これは任意売却をしたから、或いは競売に掛かってしまったから組めないというのではなく、住宅ローンの支払の遅延が3か月になった時点で事故者として登録されてしまい、新たにローンを組めない、クレジットカードを利用することができない、いわゆるブラックリストとして載ってしまうためです。

ブラックリストとして登録されてしまえばローンを借りる、或いはクレジットカードを作成することが出来ない期間がおよそ5年~7年間続きます。家を失うだけではなく、他にも金銭に纏わることで不便なことが起きるのでは踏んだり蹴ったりですよね。しかしご本人にローンを組むことができなくなってもお子さんがお仕事に就いておられるならまだ希望は持てそうです。

就職後3年経つとローンの審査を受けることができますので通ればローンを組むことは可能となります。そして買い戻しという方法を取ると一旦手放した不動産を再度ご自分の住宅にすることも可能でしょう。しかしいくらお子さんが就職していても必ず住宅ローンの審査に通るとは限りませんが、ご本人に組めなくてもお子さんが組むことが出来るかもしれないことはありますので希望は捨てないでください。

ご本人が再度住宅ローンなどを組むには一旦ブラックリストから外れるしかありません。その上で一定収入があるような安定した状態ならば可能となる可能性も高いのですがブラックリストから抹消される年月は早くとも5年、遅くて7年くらい要しますのでその間はまとまった資金を借り入れすることは困難と言えるでしょう。

かなり厳しい状況の現実となってしまうかもしれませんがそれでも任意売却は競売よりも金銭的に救われることには違いありません。

▲ページTOPへ