任意売却専門 どこよりも好条件で任意売却に取り組んでおります

任意売却をした場合、信用情報はどうなりますか?

金融機関から融資を受けた金額を少しでも早く、少しでも多く返済したいと必死の思いで任意売却に踏み切り、どうにか売却が成立しました。

今後は残債務を毎月返済し、完済の日を待ち望むわけですが当然のことながらその間の生活は決して豊かなものとは言えないでしょう。ある意味、月々のローンとボーナス月の支払など年間としての大きな出費が無い分、賃貸家賃だけで済むと言えば済むかもしれませんが一度持家を経験した家族からすると心情的な辛さは計り知れないものでしょう。

しかし無理して住宅ローンに充てていた分から解放されたというどこか肩の荷が下りた部分はあるかもしれません。ここまできたらそう捉える様に入れ替え、たまには旅行や美味しいグルメなどで気晴らしをしていただきたいものです。ここで頭に入れておかなくてはならないのが任意売却後の信用情報についてです。

信用情報というのは個人の経済的な情報が重要ポイントとなり金融機関が貸付を行う際の与信審査のために設けた信用情報機関というところに登録されるか否かというところで大きな差が出てきます。もし登録されてしまったなら新たな貸付を受けることは不可能に近いと言われます。

俗にいうブラックリストというもので、ここに登録されてしまう期間は5年~7年ですのでその間は難しいでしょう。ではここに登録されてしまうのは任意売却をした、或いは競売に掛かってしまったからでしょうか?答えはノーです。そもそも任意売却や競売に至る前の段階で既に住宅ローン支払いの遅延が生じています。それにより期限を喪失し、代位弁済となってしまうために一括して支払うこと等明らかに無理ですので任意売却、或いは競売という手段に至るわけですが情報機関に登録されてしまう情報には個人信用情報という遅延情報や自己破産などが挙げられます。

この段階でブラックリスト入りしてしまいますので任意売却をしたからというものではなく、それ以前の問題となるでしょう。

信用情報機関から名前が抹消されるまでの5年~7年は決して短い期間とは言えませんがその間に新たな融資を受けるのは難しいことではありますが、受けてはいけないというものではありませんし融資の審査基準が登録情報の有無だけで判断されることもありませんのでどうしても融資を希望するならば一度金融機関に相談してみてはいかがでしょうか。

▲ページTOPへ