任意売却・債務整理でお困りなら明誠商事へ|実績件数1,500件以上

任意売却と競売のメリットデメリットを比べてみる

任意売却と競売の違いをご存知ですか?おそらく知っている方はあまりいらっしゃらないと思います。
なので、ここでそれぞれのメリット・デメリットを比べてみて違いを見てみましょう。

任意売却7つのメリット

メリット1 手元に資金が残る!

競売と違って任意売却の場合、交渉次第では債権者に引越し費用を捻出してもらえます。 また当相談室では、独自の「再出発応援資金」をご用意しています。 これらをご利用いただければ、債権者の合意を得なくとも、お手元に資金を残せます。

メリット2 競売よりも高く売れる!

一般的に、競売では市場価格の2~3割は低い価格で処分され、 多くの債務が残ってしまいます。
一方、任意売却であれば通常の不動産取引と同様に、 市場相場に近い価格での売却が可能です。

メリット3 自分の意思で売却できる!

競売の場合、所有者の意思とは一切関係なく強制的に売却されますが、 任意売却は所有者自らの意思によって行うため、納得したうえで売却できます。

メリット4 費用の持ち出しがない!

任意売却は、所有者の費用の持ち出しがありません。 仲介手数料や抵当権の抹消費用、マンションの管理費・修繕積立金の滞納分など、 通常の不動産売却において要する費用は、売却代金から支払われます。

メリット5 売却後の生活の負担が軽くなる!

任意売却であれば、競売よりも高値で売却できるため、 残債を大幅に減らすことができ、売却後の生活の負担も軽くなります。 競売に比べて、より早期に、より多くの返済ができるため、 残債の支払いについても、債権者に柔軟な対応をしてもらえます。

メリット6 周囲に知られずに済む!

任意売却の販売方法は、一般の物件と同じように所有者が任意で売却するため、 住宅ローンが破綻したことや債務に苦しんでいることを、 周囲に知られる心配がありません。

メリット7 滞納している税金を払える!

売却代金から滞納している固定資産税や都市計画税などの税金を 一部または全部を支払うことができます。 税金を滞納していると、本税よりも延滞金の負担が重くなってくるケースが多々あります。 自己破産をしても延滞している税金は免責されない為、任売で税金を支払うほうが 得策です。

任意売却3つのデメリット

デメリット1 自ら意思表示を行う必要がある

住宅ローンを借りている銀行に対し、任意売却をする旨、意思表示を行う必要があります。

デメリット2 内覧の立会いが必要

任意売却は一般市場で売却しますので、物件のご案内の際、立会いが必要になります。

デメリット3 引渡し時に立会いが必要

物件の引渡し時には、立会いが必要となります。

競売のメリット

競売だと、何もしなくていい

※住宅ローンを借りている銀行に対し、任意売却をする旨、意思表示を行う必要があります。

競売 8つのデメリット

デメリット1 自分の意志に関係なく売却されてしまう

本人の意志と関係なく、裁判所は所定の手続きに沿って、競売を強制的に行います。
競売は、強制競売とも言われています。

デメリット2 競売になったことを周囲に知られてしまう

競売になりますと、裁判所が公告をし、競売情報がインターネットや新聞等に掲載されてしまいます。
そうなると近所の方などに知られてしまう可能性があり、精神的な苦痛をもたらす場合があります。

デメリット3 競売にはお金がかかる

債権者(金融機関)が裁判所に競売の申立てをする場合、裁判所に予納金を支払います。
予納金の額は、家の大きさによって異なりますが、一般の住宅ですと70?120万円の費用がかかります。
その費用は競売の売却価格から差し引かれますので、ご自身の負担となります。

(補足)競売で2000万円で売却、競売費用が100万円だった場合2000万円?100万円=1900万円が住宅ローンの返済になりますので、競売費用に掛かった100万円が損します。

デメリット4 執行官が家にやってくる

裁判所から執行官が競売の調査及び家の評価額を査定する為、訪問にきます。 執行官が自宅を訪問する際、事前に通知を出し日程を連絡しますが、本人が不在の時は、玄関の鍵を本人の許可無く開けて、室内を見て回ります。

デメリット5 時価よりも安く売却されてしまう

競売で売却される金額は、市場価格よりも3割近く下がる傾向があります。
理由は、競売になった場合、競売物件を購入するほとんどは不動産会社や投資家が占めており、一般の方が競売物件を購入するケースはほとんどありません。
なぜなら、競売物件は、執行官以外の方は売主さんの承諾なく室内を見て回ることは出来なく、最低保証金(購入金額の2割)を裁判所に支払わなくてはならないからです。

デメリット6 引越し費用が確保できない

任意売却とは異なり、金融機関から引越し費用をだしてもらう交渉が出来ないため、引越し費用は、ご自身で工面しなければなりません。

デメリット7 住宅ローン残債を一括請求・給料差押えも

競売により、安く売却される為、大幅に残ってしまう住宅ローンの残債について、一括で請求される事が多く、銀行は競売によって不動産の担保が無くなってしまう為、給料の差し押さえをする場合がありますので、注意が必要です。

デメリット8 連帯保証人に迷惑がかかる

競売によって家を売却されてしまうと、住宅ローンの残債が多く残ってしまう為、連帯保証人が被る被害が大きくなってしまい、連帯保証人も住宅ローンの残債を支払えなくなり、最終的には、自己破産の手続きをとらねばならなくなるケースもあります。

比べてみて

以上、任意売却・競売は共にメリットとデメリットがあります。お客様にあった条件を選び、専門家にご相談してみてはいかがでしょうか。

▲ページTOPへ