住宅ローン支払いが困難になったら

住宅ローン支払いが困難になったら

住宅ローンの支払いが困難になった際には、まずは「返済条件の変更」を検討してみましょう。月々の返済額を減額できる可能性があります。それでも返済が難しい場合は、「住宅ローンの借り換え」、「任意売却」という選択肢もあります。

返済条件を変更する

病気や失業といったやむを得ない理由により収入が減少したり、家族の入院などで大きな出費が必要になったりした時には、住宅ローンの返済条件を変更できることがあります。借り入れている金融機関によって、適用される条件が異なりますので、確認の上、申請を行ってください。

一定期間の返済額を減額する

病気などにより、一時的に住宅ローンが支払えなくなった場合、一定期間における返済額を減額できる可能性があります。ただし、全体の返済期間は変わらないため、一定期間の終了後は、条件変更前に比べて、月々の返済額が増加します。子供の進学など、一時的にまとまったお金が必要になった際にも適用されることがありますので、まずは借入先の金融機関に相談してみて下さい。

返済期間を延長して月々の負担を減らす

長期的な収入の減少が見込まれる場合は、返済期間の延長が有効です。これは毎月の返済額を減らす代わりに、期間を延長させることができるというものです。ただし、返済期間が長くなる分、総返済額も増加するというデメリットがあるので注意が必要です。

住宅ローンの乗り換え

借入中の住宅ローンの金利が高く、支払いが難しいという場合は、より金利の低い住宅ローンに借り換えるという方法もあります。住宅ローンの借り換えについては、以下のページで詳しく解説しています。
> 住宅ローン借り換えの検討

返済条件の変更や借り換えでは対応できない場合や、離婚により返済ができなくなったという場合は、住宅を任意売却するという選択肢があります。いずれにしても、支払いが難しいと分かった時点で、借入先の金融機関やファイナンシャルプランナーに相談することが大切です。離婚時の住宅ローンの対処法については、以下のページで詳しく解説しています。
> 離婚をした場合の住宅ローンについて

▲ページTOPへ